君に見せたいものがあるんだ
有一份東西想要與你共享
孤獨な夜にもきっと
哪怕是在孤獨的夜
遠くで輝き続ける 幾千の星を
也定然在遠方爍放微光 那成千上萬的繁星
失うこと 割り切れぬこと
失去的痛苦 難割舍的往事
弾かれること 葉わないこと
遭遇他人排斥 沒有結果的夢
でも足掻くこと 信じぬくこと
卻仍未放棄掙扎 仍未丟棄信念
上を向いて 歩き出すこと
仍然看向天空 邁出堅定步伐
仆らの手には何もないけど
我們的手心里空無一物
かわりに つなぎあえるから
但我們卻能 緊握彼此的雙手
ひとりきりで 迷わないで
不要再獨自一人 迷失了方向
どんな日もこの手を離さないから
無論何時 我都不會松開我的手
君にあげたいものがあるんだ
有一份東西想要贈與給你
凍える夜にはいつも
在寒冷的夜晚也
もう何も心配等せず 眠れる毛布を
無需任何多余的擔心 總能讓你安心入眠的毛毯
忘れられぬこと 耐えきれぬこと
難以忘懷的回憶 難以忍受的痛苦
術がないこと 奪われること
縱使束手無策 縱使被奪走一切
でも気付くこと 君がいること
卻幸好能及時察覺 還有你在身邊
守りたいものが 強くさせること
想要守護之物 讓我們更加堅強
自分の色を夸れるように
愿你也能為自己的色彩而驕傲
自由に色を足せばいい
自由的添上更多的色彩就好
ぼやけていた この世界を
這個漸漸朦朧不清的 世界
この手が彩ってゆくんだ
我要親手點綴它的新色彩
認めてくれる人がいなくても
哪怕沒有一個人肯定我的做法
サマになる肩書きがなくても
哪怕并沒有顯赫的名聲威望
仆らの小さな手は明日きっと
我們稚嫩的雙手 明天一定
誰かを笑顏にできるから
可以讓誰人展露笑顏
仆らの手には何もないけど
我們的手心里空無一物
かわりに つなぎあえるから
但我們卻能 緊握彼此的雙手
ひとりきりで 迷わないで
不要再獨自一人 迷失了方向
どんな日もこの手を離さないから
無論何時 我都不會松開我的手
君に見せたいものがあるんだ
有一份東西想要與你共享
孤獨な夜にもきっと
哪怕是在孤獨的夜
遠くで輝き続ける 幾千の星を
也定然在遠方爍放微光 那成千上萬的繁星